目的ターゲットを考える

出会い系サイトには、無料サイトと有料サイトがあって、有料サイトはメールをするだけでもお金がかかってしまいます。
でも無料サイトなら相手とメールをしても0円です。
関わって仲良くなって会うまで全て無料なんです。
だからセフレとかを見つけたいなら有料よりも無料が良いですよ。
無料にはサクラや業者がいるけど、そんな事はどうでも良いんです。
見極めさえすれば、いいだけの事。
これは最初は無理でも1年2年と出会い系サイトを続けていれば、見極める事ができるようになります。
そしてセフレを作る場合は、セフレ募集としっかりと書き込みをしておく事ですね。
じゃないと、恋人になってくださいといってくる人もいます。
一時期出会い系サイトにはまっている時、セフレが欲しいのにそれを書いていなくて、女性と関わった時、相手が好きになってしまいました。
「え?彼女募集しているんじゃないの?」と言われて「ごめん。セフレ募集だけなんだ」と言ったら彼女はすごくショックを受けて、泣いてしまいました。
だから女性を傷つけないためにも、事前にセフレ募集であるとか、不倫募集であると書いておいた方が良いです。
そうすればそれ相応の相手を見つける事ができるし、相手を傷つけずに済みます。
セフレの関係を作って、最終的には恋人。
っという人もまれにいます。
お互いが好きになれば、最初はセフレでもジョジョに恋人関係になる事もありますが、それはあまり考えない方が良いですね。
悲しくなるだけなので。
セフレはセフレ。
不倫は不倫。
メル友はメル友ときちんと割り切って交際をするようにしましょう。

セフレに深く干渉しない

セックスフレンド=セフレというのは、数回くらいしか関係を続けるつもりがないのであれば、そこまで気をつけなくてはならないことはありません。
ですが、数ヶ月から数年単位でセフレの関係をつづけたいと考えているのであれば、セフレに深く干渉しないことを忘れてはいけません。
セフレは割り切りで付き合ったり、結婚をする関係でもありません。
ですので、セフレの私生活のことを知ろうとしない、関わろうとしないようにしましょう。
もちろん、逆にセフレに私生活のことを教えたり、私生活に踏み入れさせないようにすることも忘れないようにしてください。
特に、どちらかが結婚をしているのであれば、お互いの生活に踏み込もうとは絶対にしてはいけません。
生活に踏み込むということは、相手の結婚生活、または自分の結婚生活を壊してしまう可能性が非常に高くなってしまいます。
相手の生活に踏み込もうとした時点で、相手はこれ以上関係を持つのは危険と感じて、もう連絡を取ることも出来なくなってしまうと思っておいてください。
家族や恋人にセフレを作っていることを知られてしまった人の中で、私生活に踏み込まれてしまったことが原因になってしまっている人がとても多いです。
また、自分たちはお互いの生活に踏み込もうとはしないとしても、長く関係を持つとそれだけ家族にばれる危険性も高まっていきます。
ですので、相当慎重に会う必要がありますし、何かあったときには責任を取らなくなってしまうことを覚悟しておかなくてはなりません。
リスクを徹底して下げたいのであれば、3回くらい会ったら連絡をしないようにした方が良いでしょう。

時間が許すならいろんな相手とセックスをしてみる

より気持ちのいいセックス、より快感が得られるエッチ、それを味わうためにセフレを探す人はたくさんいるのです。
ただ、そう簡単にそういったセックスやエッチができれば苦労はしないでしょう。
とりあえずセックスをしたものの、自分の想像とは違っていた、今ひとつ気持ちよくなれなかった、そういったケースはいくらでもありますし、むしろ最初から満足できるセックスができる方が稀でしょう。
自分の理想のセックスをしたいと思うなら、やはり相手とのエッチの相性であったり、エッチの特徴や傾向がマッチしているのか、そういったことが重要になってくるのです。
そういう意味では、最高のセックスをするためには、とにかくセックスをしてみることが大事だと言えます。
セックスをしなければ、気持ちがいいかどうか、快感が得られるかどうかも分からないので、エッチをして判断をするしかないのです。
ですから、もし時間が許すのであれば、できるだけいろんな相手とセックスをしてみて、どれぐらい満足することができたのか、どの程度の快感を得られたのか、じっくりと確認していくといいでしょう。
そして、様々な相手とセックスをした上で、自分にとって最も良かったと思える相手と、セフレの関係を結べばいいのです。
じっくりと時間をかけた方が、より確実に理想のセックスができるようになるわけです。
もちろん、時間的に厳しいという人も多いかもしれません。
自分や相手のスケジュールも考慮しないといけないので、毎週のようにセックスをすることは難しいかもしれません。
それでも、セックスをしないと始まらないことは事実ですから、できる限りエッチができる時間を見つけるようにしましょう。

利用規約をきちんと読もう!

ネットには無料と書かれたサイトがたくさんあります。
「完全無料」とか「無料でやり放題」とか無料という言葉を見ると、誰もが注目します。
0円でできるなら登録してみるか!
もし合わなかったらすぐに退会すれば良いだけの事だし・・・
そう思って登録をしますよね?
でも完全無料と書いているサイト程危険なものはありません。
とくにアダルトなサイトで完全無料なんてあり得ません。
アダルトな相手を見つける事ができる「セックスフレンドサイト」「不倫サイト」魅力的なサイトだとは思います。
でもこれが完全無料なわけないんですよ!
綺麗な画質のアダルト動画を見るとき無料で見れますか?
見れませんよね。
画質が汚ければ、無料で見えるでしょう。
でも高画質なら月額払いにしないといけないとか、それなりの代償があります。
出会い系サイトも一緒なんです。
無料と書いてあれば、綺麗で可愛い本物の女性はほとんどいない。
いるとしたら、サクラか業者・ブスな女性ぐらいでしょう。
とくにエロ動画を記載してあったり、エロ動画をTOP画に貼り付けているような派手サイトは危険な臭いがします。
そうやってエロいですよと見せる事で男性に引っかかってほしいのです。
アダルトなサイトは登録しないに限ります。
セフレが欲しいのであれば、お金を払ってでもサイトに登録する事ですね。
完全無料と書かれているサイトよりは安全だと思います。
でも有料でも、エロ画像を貼り付けるようなサイトは失格です。
登録をする前に長いけど、利用規約は全部読んでおく事ですね。
利用規約がないサイトは、既にダメサイトです。

サイト選びの2つのポイント

セフレを求める人の増加に伴い、セフレサイトの数もどんどん増えています。
そのせいか、数が多過ぎて却ってどのサイトに登録すればいいかわからないという声もよく耳にします。
サイト選びのポイントはいくつかありますが、その中でも「サイトの特色」及び「サイトの信頼性」は注目すべき点でしょう。
まずサイトの特色についてですが、今ではただ単にセフレ募集をしているというだけではなく、さまざまな「ジャンル分け」がなされています。

たとえば、登録者を年代別や職業別に絞ったサイト、住んでいる地域ごとに分けたサイトなどがあります。
また、セフレということで最も重要視される性的嗜好別に分かれたサイトもあります。
このようなジャンル別に分けられたサイトでセフレを探すほうが、自分の理想や欲求を満たす相手を見つけやすいといえるでしょう
次にサイトの信頼性ですが、残念ながらしばしばセフレサイトにおいてさまざまなトラブルが報告されているのが実情です。

それらの大半は、利用者からお金を巻き上げたり個人情報を狙う詐欺まがいの悪質サイトの仕業です。
したがって、そんな悪質なサイトには関わらないようにするのが最も好ましいといえます。
悪質サイトの見極め方としては、サイトデザインが雑であったり、むやみに派手だったり女性の裸や煽情的なコピーで惹きつけようとする傾向があります。
ただしこれらはあくまでも参考程度にとどまり決定的な見極め方ではないので、少しでも怪しく感じたり不審に思ったならすぐにそのサイトから退出することをおススメします。